愛知県のワクチン後遺症患者への医療体制

f:id:kokotto76:20220325224946j:plain



【愛知県のワクチン後遺症患者への診療体制】

 

愛知県ホームページより(2022. 4. 7更新)

f:id:icorojinko:20220414205250p:plain

①まず、かかりつけ医など身近な医療機関を受診。

 かかりつけ医がない場合、県の相談窓口(上記の電話相談窓口)に相談すると医療機関を教えてくれる。

 

②かかりつけ医が[専門的な対応が必要]と判断したら、専門的な医療機関を紹介。

 

紹介状を持って、専門的な医療機関で診療を受ける。

 

受診には紹介状が必要となるため、かかりつけ医による紹介と予約が必要です。

ワクチン副反応に対応する専門医療機関

名古屋市内4病院:名古屋大学附属病院、名古屋市立大学病院

           名鉄病院、大同病院

尾張地域4病院:藤田医科大学病院(本院)、愛知医科大学病院

         一宮市立市民病院、あいち小児保健医療センター

西三河地域2病院:藤田医科大学岡崎医療センター、トヨタ記念病院

東三河地域1病院:豊橋市民病院

TOP